[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 中国の20歳ボーヤン・ジン、“宇野超え”で逆転V 米記者称賛「なんて復活なんだ」

中国の20歳ボーヤン・ジン、“宇野超え”で逆転V 米記者称賛「なんて復活なんだ」

フィギュアスケートの四大陸選手権(台湾)は27日に男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位のボーヤン・ジン(中国)が宇野昌磨(トヨタ自動車)を上回る合計300.95点で初優勝を飾った。昨年の故障を乗り越えての逆転Vを受け、米記者は「なんて復活なんだ」と称賛している。

ボーヤン・ジン【写真:Getty Images】
ボーヤン・ジン【写真:Getty Images】

4度の4回転ジャンプに成功、大台をクリアして大会初制覇

 フィギュアスケートの四大陸選手権(台湾)は27日に男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位のボーヤン・ジン(中国)が宇野昌磨(トヨタ自動車)を上回る合計300.95点で初優勝を飾った。昨年の故障を乗り越えての逆転Vを受け、米記者は「なんて復活なんだ」と称賛している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 昨年12月のグランプリファイナルを足首の故障のため欠場したボーヤン・ジンは、フリーで冒頭を含めて4度の4回転ジャンプを決めるなど充実の演技を見せ、合計300.95点をマーク。転倒のあった宇野の合計297.94点を上回り、逆転優勝を飾った。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は、「ジンがウノを追い抜き、四大陸選手権で金メダルを勝ち取る」と見出しを打ち、「日本のショウマ・ウノに僅差で打ち勝つ逆転勝利だった」と紹介。20年以上フィギュア界に携わってきたジャッキー・ウォン記者は、自身のツイッターで「なんて復活なんだ、ボーヤン・ジン!!」と称えた。

 4回転ジャンプを武器とし、大会初制覇を果たした中国の20歳は、平昌五輪でも日本勢のライバルになるかもしれない。

<四大陸選手権男子結果>

1位 ボーヤン・ジン(中国)300.95点
2位 宇野昌磨(日本)297.94点
3位 ジェイソン・ブラウン(米国)269.22点

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー