[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、内角えぐる“ギリギリ154km” 高速変化に米反響「見事で凄い」「驚異」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、マリナーズ戦に先発して7回7安打1失点。無四球の投球で5勝目を挙げ、チームの9連勝に貢献した。左打者の内角ストライクゾーンをかすめるように決まった96マイル(約154キロ)のツーシームを、米国の投球分析家が動画で公開。米ファンからは「驚異&ミラクル」「見事だし凄い」などと反響が集まっている。

マリナーズ戦に先発し、5勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】
マリナーズ戦に先発し、5勝目を挙げたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】

マリナーズ戦で7回1失点、5勝目をマーク

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、マリナーズ戦に先発して7回7安打1失点。無四球の投球で5勝目を挙げ、チームの9連勝に貢献した。左打者の内角ストライクゾーンをかすめるように決まった96マイル(約154キロ)のツーシームを、米国の投球分析家が動画で公開。米ファンからは「驚異&ミラクル」「見事だし凄い」などと反響が集まっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 絶妙なコースにフロントドアが決まった。5回2死二塁の場面、ダルビッシュは左打者ウォルトンを2球で追い込むと、最後は内角にツーシームを投じた。ボールからストライクに変化する96マイル。厳しい投球は、画面に表示されたストライクゾーンをボール半個分かすめるように決まった。見逃し三振。ウォルトンは静かに、悔しそうな仕草を見せていた。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。「ユウ・ダルビッシュの美しい96マイルツーシーム。そして(球審の)アンヘル・エルナンデスが正しくジャッジ」と文面で紹介した。米ファンからは「驚異&ミラクル」「これは見事だしすごいね」「アンヘルが正しいジャッジだって?!」などと反響が寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集