[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、実はリーグ“三塁打王” 270フィート激走にファン注目「脚がグルグル状態」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、アスレチックス戦の7回に代打で出場。同点の犠飛を放ち、その後は右翼の守備に就いた。二刀流の躍動が米国で注目されているが、前日22日(同23日)の試合で放った中越え三塁打の映像を米メディアが公開。大谷の走塁を三塁側からとらえており「オオタニと270フィートをゆく」と脚光を浴びせている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

三塁打の走塁映像を米メディアが公開「オオタニと270フィートをゆく」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、アスレチックス戦の7回に代打で出場。同点の犠飛を放ち、その後は右翼の守備に就いた。二刀流の躍動が米国で注目されているが、前日22日(同23日)の試合で放った中越え三塁打の映像を米メディアが公開。大谷の走塁を三塁側からとらえており「オオタニと270フィートをゆく」と脚光を浴びせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 二刀流は足も速い。2安打を放った22日のアスレチックス戦。8回の中越え三塁打を三塁側から撮影した映像だ。変化球を我慢してスイングした大谷は、打球を確認しながら走り出す。一塁を蹴った辺りから一気に加速した。大歓声の中、快足を飛ばして二塁も回り、悠々とスライディング。三塁へボールが送球されることもなかった。

 大谷の走塁を最後まで撮影した実際の映像を、米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。文面には「ショウヘイ・オオタニと270フィート(三塁までの距離)をゆく」とつづった。日米のファンからは「注意:オオタニは本当に速い #ShoTime」「ファースト回ってからは、マンガの脚がグルグル状態に見える」などとコメントが寄せられている。

 大谷はこの三塁打が今季3本目。ア・リーグではタイガースのアキル・バドゥー外野手らと並び、最多タイとしている。本塁打数14もリーグ最多タイとしているが、現時点の“三塁打王”でもある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集