[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は“敵も認める男” 相手投手の異例コメントに元MLB選手「全く驚きでない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席でメジャー単独トップとなる13号3ランを放った。前日16日(同17日)には、レッドソックスの守護神マット・バーンズから逆転2ランを放ち、バーンズからも称賛を受けていたが、米識者は「こんな称賛を受けているのを聞くのは3人目だ」などと注目している。

第2打席で13号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席で13号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

12号被弾の守護神が称賛、元MLB選手「こんな称賛を聞くのは3人目」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席でメジャー単独トップとなる13号3ランを放った。前日16日(同17日)には、レッドソックスの守護神マット・バーンズから逆転2ランを放ち、バーンズからも称賛を受けていたが、米識者は「こんな称賛を受けているのを聞くのは3人目だ」などと注目している。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 異例の称賛だったようだ。13号3ランでメジャー単独トップとなった大谷。前日には、1点を追う9回2死一塁の打席で、起死回生の12号逆転2ランを放っている。被弾したバーンズは試合後「彼(大谷)は、我々が今まで見てきた中で身体的に最も恵まれている野球選手」「101マイル(約163キロ)を投げられて、600フィート(約183メートル)打てる選手をこれから見られるかどうか分からない。彼はスペシャルな選手だ」などと脱帽していた。

 バーンズの言葉について、米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務めるホセ・モタ氏は「20年間ほどこの仕事をしているが、敵投手がこんな称賛を送る選手は3人目だ」と注目していた。

 現役時代はパドレスなどでプレーしたモタ氏は、同放送局の公式ツイッターが公開した動画の中で、1人目が殿堂入りしているブラディミール・ゲレーロ氏、2人目がマイク・トラウトだったと説明。3人目は「オオタニサン」だと明かし「(このグループに)彼が入るのは全く驚きではないですね」と続けた。

 17日(日本時間18日)のインディアンス戦にも「2番・DH」で先発出場した大谷は、2回の第2打席に2戦連発となる13号3ラン。本塁打数をメジャー単独トップとし、チームの7-4の勝利に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集