[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敗北ネリが病院送りに 苦悶のKO負け後を米メディア報道「青ざめたネリは搬送された」

ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。左ボディーを被弾し、苦悶の表情を浮かべたネリは試合後、病院送りとなったようだ。米メディアが報じている。

プロ初黒星を喫したルイス・ネリ(左)とブランドン・フィゲロア【写真:Getty Images】
プロ初黒星を喫したルイス・ネリ(左)とブランドン・フィゲロア【写真:Getty Images】

フィゲロアに7回KO負けでプロ初黒星&王座陥落

 ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。左ボディーを被弾し、苦悶の表情を浮かべたネリは試合後、病院送りとなったようだ。米メディアが報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大きなダメージを受けたようだ。金髪にあご髭を蓄えて登場したネリ。初回から積極的に前に出る場面もあったが、決着は7回だった。フィゲロアの左ボディーを被弾。苦い表情を浮かべたネリは膝をつくと、転がるようにして仰向けに。そのまま立ち上がることができず、無敗同士の対戦でKO負けを喫した。

 実際の映像を米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターが公開。また、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のボクシング担当のランス・パグマイア記者は試合後にツイッターを更新。「声明:『ネリは大事をとって病院へ搬送され、怪我の有無について今夜診断予定』」と投稿した。

 また「ジ・アスレチック」の記事では「左がネリの右肋骨に入り、レフェリーのトーマス・テイラーの10カウント前に起き上がれず、バックステージで青ざめたネリは、大事をとって地元の病院へ搬送された」「試合のオフィシャルは、ネリは全快する見込みだと語った」と伝えられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集