[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ネリ、悶絶ダウン直前の“被弾した瞬間”に米注目「ビッグ・ボディショット」

ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。ネリは左ボディーを食らってダウンしたが、被弾の瞬間をとらえた写真を米メディアが公開。フィゲロアの「ビッグ・ボディショット」などと注目している。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

フィゲロアのボディーが決まった瞬間の写真を米メディアが公開

 ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。ネリは左ボディーを食らってダウンしたが、被弾の瞬間をとらえた写真を米メディアが公開。フィゲロアの「ビッグ・ボディショット」などと注目している。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 強烈なボディーだ。金髪で、白いグラブを付けたネリ。対峙したフィゲロアの左をまともに受けたようだ。ネリの腹部を捉えたフィゲロアの腕は、上腕二頭筋が逞しく盛りあがり、血管も見えている。7回に決まったこのパンチで、ネリは苦悶の表情を浮かべてダウン。そのまま立ち上がることができず、KO負けを喫した。

 実際の写真を、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式インスタグラムが公開。文面には「ブランドン・フィゲロアのKOを生んだビッグ・ボディショット」とつづった。無敗同士の対戦に敗れたネリの戦績は31勝(24KO)1敗、暫定王座を含む4度目の防衛で、2団体の王座を保持したフィゲロアは22勝(17KO)1分となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集