[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、傑出した“9つの数字” MLB公式が特集「最も過小評価されている能力が…」

投打だけじゃない魅力「最も過小評価されている能力が…」

 さらに二刀流として成し遂げたもの以外に、投打に傑出した成績を残している。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

5.1900年以降の投手の中で、最初の先発5登板で40奪三振以上、12被安打以下を記録した最初の投手となった。

6.オオタニは100マイル(160.9キロ)以上の球を今季9球投げているが、これはメッツのデグロムの49球、レイズのマクラナハンの10球に続く3番目の多さである。

7.オオタニのスプリットは打たれない。火曜のアストロズ戦でアルバレスに初めてその球で安打を許したが、飛距離4フィート(約1.2メートル)の内野安打だった。

8.4月12日に放った二塁打の打球速度は119マイル(約191.5キロ)で今季のMLBの打球速度の中ではヤンキースのスタントンの120.1(約193キロ)マイルに続く2番目の速さ。

 投げて打つだけじゃない。最後にフォーカスしているのは走力だ。

9.オオタニが最も過小評価されている能力が走力だ。MLB全体で17番目に速い選手で、秒速は29.1フィートだ。MLBの平均は秒速27フィートである。

 背番号17は傑出したパフォーマンスで驚きをもたらし続けている。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集