[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、傑出した“9つの数字” MLB公式が特集「最も過小評価されている能力が…」

米大リーグは開幕から約1か月半、エンゼルスの大谷翔平投手は投打でフル回転している。MLB公式サイトではここまでの大谷を特集。シーズンの約4分の1を経過し、すでに達成している歴史的快挙の数々に脚光を浴びせている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

開幕から1か月半、MLB公式サイトが大谷の偉業を特集

 米大リーグは開幕から約1か月半、エンゼルスの大谷翔平投手は投打でフル回転している。MLB公式サイトではここまでの大谷を特集。シーズンの約4分の1を経過し、すでに達成している歴史的快挙の数々に脚光を浴びせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷はここまで打者としては34試合に出場し、打率.257、出塁率.303、長打率.574、10本塁打、9二塁打、6盗塁、26打点、26得点。投手としては5試合に先発登板し1勝、防御率2.10、25回2/3を投げて40奪三振の成績を残している。データ専門サイト「ベースボール・リファレンス」によると、WAR(打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を示す指数)は2.1で、メジャー全体で4位だという。

 シーズンの約4分の1を経過したところで、MLB公式サイトは「オオタニはあなたの心を動かしましたか?」との見出しを打ち特集。傑出している9つの数字にフォーカスしている。

【MLB公式サイトが注目した9つの記録】

1.先発登板した翌日に、先頭打者として出場した。これは1916年7月25日、26日のヤンキースで活躍したレイ・コールドウェル以来の記録である。

2.火曜に10三振を奪い、8回に右翼に移った。1900年以降では3人目となる、10奪三振して守備にも就いた選手となった。

3.本塁打王として先発登板を2度果たしたが、これは1919年のベーブ・ルース以来の快挙だった。

4.火曜の試合で通算100奪三振を達成したが、55本塁打以上を放ち、100奪三振を達成したのは史上5人目のことだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集