[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手→右翼手に驚愕の声続出 米メディア「こんなのない」「なんとクール」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、アストロズ戦に「2番・投手」で今季3度目の投打同時出場。投げては7回1失点10奪三振と力投し、降板後は右翼も守った。先発登板した大谷が外野守備にも就いたことについて、米メディアからは「できないことは何もない」「こんなことは滅多にない」などと驚きの反応が続々とあがっている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

11日のアストロズ戦で7回1失点と好投、8回は右翼の守備に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、アストロズ戦に「2番・投手」で今季3度目の投打同時出場。投げては7回1失点10奪三振と力投し、降板後は右翼も守った。先発登板した大谷が外野守備にも就いたことについて、米メディアからは「できないことは何もない」「こんなことは滅多にない」などと驚きの反応が続々とあがっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 投打に加え、外野守備までやってみせた。大谷は7回までソロ本塁打1本に抑える好投。98.3マイル(約158キロ)で右打者の外角に逃げていくボールなどを投じ、10個の三振を奪って降板したが、8回からは外野手用グラブで右翼のポジションに就いた。中堅手トラウトと何やら言葉をかわすシーンも。次の回の打席に立つためだったと思われるが、大谷ならではの起用法だった。

 試合中から大きな話題となっていたこの「投手→外野手」起用は、米メディアも驚きを持って報じている。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「アストロズに敗れたが、ショウヘイ・オオタニは素晴らしい球を投げ、外野を守り、歴史を作った」との見出しで記事を掲載している。

 同局は「オオタニが88球投げた後に、マドン監督は彼をラインナップに残し、打席に立たせるために右翼に回した。念のため言っておくが、こんなことは滅多にない」「ショウヘイ・オオタニのような選手は長い間野球界に存在しなかった」などと記載。メジャーの舞台でやってのけた大谷に注目していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集