[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手→右翼手に驚愕の声続出 米メディア「こんなのない」「なんとクール」

米紙「エグいスライダーを投じた後に右翼へ」

 また、米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「ショウヘイ・オオタニは82マイル(約132キロ)のエグいスライダーを投じた後に右翼を守った」と見出しを打って記事を掲載している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 同紙は、大谷が3回のマウンドでホセ・アルトゥーベ内野手に投じた一球を紹介。17年のMVP男が飛びのくように後退りした、キレのあるスライダーに脚光を浴びせ「サイ・ヤング賞級の投球とMVP級の打撃を見せた」と記載した。更には「さらにマドン監督は同点だったので、9回にもう1度オオタニに打席を回すために右翼に置いたのだ」「なんてクールなことなんだ」と降板後の驚くべき出来事を伝えた。

「ショウヘイ・オオタニにできないことは何もない」とも記載されていた大谷については、AP通信も「ショウヘイ・オオタニはアストロズ戦で投手、打者、右翼手としてあらゆることに挑戦した」と注目している。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集