[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久々Vマキロイ、マン振りで林越え“372yドライバー”に米興奮「嘘でしょ」「凄すぎ」

米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は9日(日本時間10日)、米ノースカロライナ州で最終日が行われ、ロリー・マキロイ(英国)が通算10アンダーでこの大会3度目の優勝を果たした。2番パー4では、ティーショットで372ヤードのビッグドライブを披露。実際の映像をPGA公式ツイッターが公開すると「とんでもないね!」「凄すぎ」などと米ファンから驚きの声が上がっている。

ロリー・マキロイ【写真:AP】
ロリー・マキロイ【写真:AP】

ウェルズ・ファーゴ選手権でツアー通算19勝目

 米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は9日(日本時間10日)、米ノースカロライナ州で最終日が行われ、ロリー・マキロイ(英国)が通算10アンダーでこの大会3度目の優勝を果たした。2番パー4では、ティーショットで372ヤードのビッグドライブを披露。実際の映像をPGA公式ツイッターが公開すると「とんでもないね!」「凄すぎ」などと米ファンから驚きの声が上がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 強烈な一打だ。452ヤードの2番パー4。マキロイがティーショットを思い切り振り抜いた。ボールは物凄い勢いで林を越え、伸びていく。フェアウェーに落ちて転がり、セミラフで止まったが、なんとグリーンは目前という場所だった。驚いた様子の現地実況席からは「嘘でしょう。これは凄い飛距離です。すぐそこがグリーンです」「彼は何を考えてたんでしょう」などと笑い声が漏れていた。

 実際の映像を、PGA公式ツイッターが公開。文面では「372ヤード。マキロイのドライバーはウェルズ・ファーゴ選手権で2017年以来2番目の飛距離を記録」と紹介した。興奮した米ファンからは「何てショット!」「とんでもないね!」「このホールでこのラインは単純に馬鹿げてる」「凄すぎ」「どうすれば372ヤードも飛ばせるんだ???」「楽々と372ヤード……」などと反響が寄せられている。

 結局このホールはパーだったものの、この日は3つスコアを伸ばしたマキロイ。約18か月ぶりの優勝で、ツアー通算19勝目を手にした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集