[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太が敵にぶつけた 頭脳的ボールキープに現地称賛「ハッスル・ユウタ」「最高」

米プロバスケットボール(NBA)、ラプターズの渡邊雄太は8日(日本時間9日)、グリズリーズ戦に先発し24分36秒の出場で11得点、4リバウンド、1スティールを記録した。第1クオーター(Q)に“らしい”ハッスルプレーを見せる映像をチーム公式が公開。現地ファンを「ユウタ最高」などと興奮させている。

渡邊雄太【写真:AP】
渡邊雄太【写真:AP】

グリズリーズ戦で11得点4リバウンド

 米プロバスケットボール(NBA)、ラプターズの渡邊雄太は8日(日本時間9日)、グリズリーズ戦に先発し24分36秒の出場で11得点、4リバウンド、1スティールを記録した。第1クオーター(Q)に“らしい”ハッスルプレーを見せる映像をチーム公式が公開。現地ファンを「ユウタ最高」などと興奮させている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最後まで諦めない。第1Q残り8分8秒の場面。マラカイ・フリンが放った3ポイントシュートがエアボールに。エンドラインを割ったかに見えた。しかしボールを追いかける渡邊はラインぎりぎりでジャンプすると、油断したアンダーソンの体にボールを当てた。審判はラプターズボールの判定。頭脳的なハッスルプレーでボールをキープした。

 攻守に集中力を切らさない渡邊“らしさ”が出たシーンをラプターズの公式ツイッターは「これ見るの大好き」と文面につづって動画で公開。解説者が「ワタナベの素晴らしいハッスルだ!」と興奮気味だったプレーに現地ファンからは「ユウタ最高」「ハッスル・ユウタ」「めちゃくちゃ良い」などとコメントが寄せられている。

 2018年から2シーズン過ごした古巣相手に活躍した渡邊。チームの公式サイトが公開した試合後の会見動画の中では、次のレベルに到達するために必要なことは何かと質問されると「(身体的に)より強くならないといけない。自分の弱点の一つ。オフシーズンに取り組まなければいけないところ。来季について確実なことはまだない。チームに残れるように能力を発揮し続けなければいけない」と回答。本契約を結んだ後でもしっかりと自身の現在地を認識し、気を引き締めていた。なお試合は99-109でラプターズが敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集