[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロも認める井上尚弥の実力 独自PFP選出「クロフォード、ロペス、イノウエだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版で2位に位置している。国際的な評価を高める中、1位に選出されている4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が自身を除いたPFPについて言及。「NAOYA INOUE」を最強の一角に挙げている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

カネロが自身を除いたPFPを選出

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版で2位に位置している。国際的な評価を高める中、1位に選出されている4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が自身を除いたPFPについて言及。「NAOYA INOUE」を最強の一角に挙げている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 8日(日本時間9日)に米・テキサス州でWBO世界スーパーミドル級王者のビリー・ジョー・サンダース(英国)との3団体統一戦に挑むカネロ。リング誌などの海外メディアからPFP最強と評価されているメキシコ人ファイターについて、記事では「アルバレスは自分を除いたパウンド・フォー・パウンドトップの座の状況をいかに格付けするのだろうか?」と報じ、カネロ独自の評価について迫っている。

 カネロが名前を挙げたのは3人の王者だった。「テレンス・クロフォード、テオフィモ・ロペス、ナオヤ・イノウエだ。1人を選ぶのは難しい」と語ったという。WBO世界ウェルター級王者クロフォード、ライト級4団体統一王者のロペス(ともに米国)に井上を加えた3人が、自らを除いたトップファイターと分析している。

 カネロは「ガーボンタ・デービス、ライアン・ガルシア、ワシル・ロマチェンコとロペスの試合を見るのは好きだよ」とも語っているという。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集