[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “空白の3秒間” 38歳の“ネバーギブアップ弾”に反響「スローモーション」

“空白の3秒間” 38歳の“ネバーギブアップ弾”に反響「スローモーション」

海外ハンドボールで、一度はシュートが外れたにもかかわらず、相手チームが余韻に浸っている隙にゴールネットを揺らすという珍場面が誕生した。

グジョン・シグルズソン【写真:Getty Images】
グジョン・シグルズソン【写真:Getty Images】

アイスランドのシングルズソンが7mスローで驚愕の同点ゴールをマーク

 海外ハンドボールで、一度はシュートが外れたにもかかわらず、相手チームが余韻に浸っている隙にゴールネットを揺らすという珍場面が誕生した。諦めない姿勢が生んだ“ネバーギブアップ・ゴール”を米メディアが動画付きで紹介すると、ファンから「実世界でスローモーションを使ってる」「子供に諦めないことを教える時、この映像を見せよう」と驚きの声が挙がっている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 2年に一度行われる欧州選手権が、1月12日からクロアチアで行われている。16日に行われたグループAのせルビア対アイスランド戦、試合時間も残りわずかとなった後半26分にドラマが起こった。

 25-26と1点ビハインドで、7メートルスロー(サッカーにおけるPK)を得たアイスランドは、38歳のグジョン・シグルズソンがシュートを担当。投げようと構えるとセルビアのGKがするすると前に出てきて、両手を高く上げて阻止を試みる。シングルズソンはフェイントをひとつ挟むと、再びシュート体勢へ。しかし、強烈なシュートではなくGKの頭を越すループシュートを選択。完全に意表を突いたが、シュートは惜しくもバーに当たり、同点に追いつくチャンスは逃したかに思われた。

 しかし――。ゴールの中で尻もちをつくGK、シュートが外れてガッツポーズするセルビアの選手を尻目に、シングルズソンは戻ってきたボール目がけて迷わずダイビング。“パンチング”するかのように右手の拳でシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。“空白の3秒間”にゴールを決められたセルビアのGKは唖然。シングルズソンは両手を広げて喜びながら、自陣へと守備に戻っていった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー