[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“黄金世代”からまた1人 22歳植竹希望が首位発進「同級生と切磋琢磨していけたら」

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは30日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で開幕。22歳の植竹希望(サーフビバレッジ)が7バーディー、1ボギーなしの66で回り、6アンダーで首位発進を決めた。堀琴音、岩橋里衣、S.ランクンが1打差で2位。

6アンダーで首位発進となった植竹希望【写真:Getty Images】
6アンダーで首位発進となった植竹希望【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース第1日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは30日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で開幕。22歳の植竹希望(サーフビバレッジ)が7バーディー、1ボギーなしの66で回り、6アンダーで首位発進を決めた。堀琴音、岩橋里衣、S.ランクンが1打差で2位。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 会心の内容だった。植竹はインスタートで3バーディー。後半のアウトでも8番までに4バーディーと量産。最終9番ではボギーを打ったが、堂々の首位発進だ。「今日は前半風が吹いていなかったので、しっかり伸ばして後半耐えようと。(このコースは)ジュニアの頃から試合でよく回っていたので、コースもよく知っている。先週の川奈の風に比べると余裕があった。後半もパットが入ってくれたのが良かった」と振り返った。

 4週前のヤマハレディースはぎっくり腰で棄権。「正直まだ違和感はありますが、ケアしてもらいながらやれている。練習も制限して少ない時間の中でやっていますが、まずは体のコンディション整えることが大事なので、気を付けてプレーしている」と言う。そんな中、前週のフジサンケイレディスでも8位フィニッシュ。針治療なども施しながら「疲労もとれて体調も整ってきている」と前向きだ。

 渋野日向子、畑岡奈紗、小祝さくららタレントが揃う1998年度生まれ。レギュラーツアーでは6位が過去最高の植竹は「同級生に強い子がいるので、競争心もある。プレッシャーにもなりますが、同期のメンツにも恵まれていいプレーができている。切磋琢磨してやっていけたらいい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集