[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ボール3個分動く“バックドアスライダー”に米感嘆「芸術」「この魔法何?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。米国の投球分析家はキレキレだったバックドアスライダーと、97マイル(約156キロ)フォーシームを重ね合わせた合成映像を公開。スライダーの変化量がはっきりと分かるものに、米ファンからは「芸術だ」「この魔法は何?」などと感嘆が漏れている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

直球とスライダーを比較した映像が注目集める

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。米国の投球分析家はキレキレだったバックドアスライダーと、97マイル(約156キロ)フォーシームを重ね合わせた合成映像を公開。スライダーの変化量がはっきりと分かるものに、米ファンからは「芸術だ」「この魔法は何?」などと感嘆が漏れている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 投手・大谷の凄さがはっきりとわかる。1つは97マイルのフォーシーム。外角高めのストライクゾーンいっぱいに糸を引くような軌道で投げ込んでいる。そしてもう1つが、82マイル(約132キロ)のスライダーだ。左打者の外角ボールゾーンから、手元で急変化。一気にストライクゾーンへと曲がり、外角ぎりぎりを通っている。

 驚くべきはその変化量だ。ほぼ同じフォームから投じられた2球を重ねた映像ではそれぞれの軌道がはっきりと分かるが、スライダーは約ボール3個分外から変化している。

 この映像を自身のツイッターで公開している米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ショウヘイ・オオタニの97マイルの直球と82マイルのバックドア・スライダーの比較映像。スライダーがホームからどれほど離れているかが分かるはずだ」と驚きをつづった。するとこの投稿に米ファンからは感嘆が漏れている。

「全く異なった球なのに最後は同じなんだね」
「オオタニはデーモン」
「文字通り不公平」
「これで本塁打王だなんて」
「オオタニはTVで絶対見なくてはいけない存在」
「芸術だ」
「打者は幸運を祈るしかない」
「コメディーの世界」
「この魔法は何?」

 登板翌日の27日(日本時間28日)は「2番・DH」で打者として出場した大谷は、常に米球界に驚きを与えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集