[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCの衝撃KO、実況席の驚きすぎ“白目リアクション”に欧米笑撃「この顔を見て爆笑」

米最大の総合格闘技「UFC」は24日(日本時間25日)、米フロリダ州でウェルター級タイトルマッチを行い、王者カマル・ウスマン(ナイジェリア)が2回1分2秒TKOで挑戦者ホルヘ・マスビダル(米国)を撃破。右ストレート一撃で相手を失神させる衝撃決着だったが、現地コメンテーターの仰天リアクションも注目を集めている。気絶せんばかりに白目になる瞬間を海外メディアが公開。英紙でも報じられるなど、欧米で話題が広がっている。

ジョー・ローガン氏(中央)のリアクションが欧米で注目を集めている【写真:Getty Images】
ジョー・ローガン氏(中央)のリアクションが欧米で注目を集めている【写真:Getty Images】

解説者のローガン氏の反応が「ほんと面白い」と話題に

 米最大の総合格闘技「UFC」は24日(日本時間25日)、米フロリダ州でウェルター級タイトルマッチを行い、王者カマル・ウスマン(ナイジェリア)が2回1分2秒TKOで挑戦者ホルヘ・マスビダル(米国)を撃破。右ストレート一撃で相手を失神させる衝撃決着だったが、現地コメンテーターの仰天リアクションも注目を集めている。気絶せんばかりに白目になる瞬間を海外メディアが公開。英紙でも報じられるなど、欧米で話題が広がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 それだけ度肝を抜くKOシーンだったということか。2回の1分過ぎ、うすら笑いを浮かべるマスビダルに対して、ウスマンはカウンター気味に右ストレートを直撃させた。崩れ落ちる挑戦者。ウスマンはパウンドで追い打ちをかけたところで、レフェリーが割って入り試合をストップした。

 ピクリとも動かないマスビダル。失神KOに衝撃を受けているのは実況席も同じだった。特に名物コメンテーターとして知られるジョー・ローガン氏(米国)はKOの瞬間、絶叫するアナウンサーの腕を持って、あんぐりと口を開き、目を見開き、信じられないとばかりにのけ反った。そして放心状態に。また同じ日の別の試合でもKO決着の瞬間は、同様のリアクションで白目になる瞬間もあった。

 ローガン氏の仰天リアクションに注目しているのは、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」、そして英放送局「BTスポーツUFC」だった。

 それぞれ公式ツイッターでこのシーンに注目を寄せると、海外ファンからは「何が起きたの」「でもみんなこの動画を投稿するんでしょ」「この顔」「新たなミームが生まれた…」「ジョー・ローガンはほんと面白い」「この顔を見て爆笑」「素晴らしい」「ジョーのリアクションはプライスレス」などと爆笑を誘っているようだ。

 また英紙「ザ・サン」でも「UFC261でウスマンがマスビダルを“世紀のKO”。目を見開いたジョー・ローガンがメルトダウン」との見出しで実際の試合とともに注目を寄せ、仰天リアクションについては「ジョー・ローガンは最前列で目の当たりにすると目を見開き、度肝を抜かれたように放心状態になった」と伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集