[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 鹿島新10番・金崎夢生が地獄の合宿 「世界で最もキツいメニュー」に“恩師”太鼓判

鹿島新10番・金崎夢生が地獄の合宿 「世界で最もキツいメニュー」に“恩師”太鼓判

サッカーのJ1リーグ、鹿島アントラーズの日本代表FW金崎夢生は、「世界で最もキツい」自主トレを打ち上げた。

「世界で最もキツい」自主トレを経て戦う身体を作り上げた金崎夢生【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】
「世界で最もキツい」自主トレを経て戦う身体を作り上げた金崎夢生【写真提供:一般社団法人 JAPAN体幹バランス指導者協会】

名古屋時代から体幹トレ実践…木場氏「ハードなメニューでもすぐにスイッチが入る」

 サッカーのJ1リーグ、鹿島アントラーズの日本代表FW金崎夢生は、「世界で最もキツい」自主トレを打ち上げた。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

「今回は世界で最もキツいメニューをこなしてもらいました。彼は長年体幹トレーニングを続けていて下地はできているので、2日間で仕上げました。ハードなメニューでもすぐにスイッチが入りましたね」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。

 体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部のアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 金崎は名古屋グランパス所属時代(2010~12年)、度重なる太もも裏の肉離れでキャリアの危機に陥り、木場氏に師事した。日々、体幹トレーニングを欠かさないことで圧倒的な競り合いの強さを身につけ、Jリーグ最強の“デュエリスト”に成長。昨年12月のE-1選手権に出場した間のオフを、すでに始動している鹿島から与えられていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー