[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹が「希望くれた」 NZ女子選手が1084日ぶりVに喜び「トレンドに乗れるかもと」

男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)は、マスターズで日本人男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。快挙を成し遂げた松山から、希望をもらっていたという女子選手がいる。米女子ツアーのロッテ選手権で、3年ぶりにツアー優勝を果たしたリディア・コ(ニュージーランド)だ。「私もこのトレンドに乗れるかも」などと語っていたと米メディアが報じている。

3年ぶりにツアー優勝を果たしたリディア・コ【写真:AP】
3年ぶりにツアー優勝を果たしたリディア・コ【写真:AP】

ロッテ選手権優勝のリディア・コが松山に言及

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)は、マスターズで日本人男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。快挙を成し遂げた松山から、希望をもらっていたという女子選手がいる。米女子ツアーのロッテ選手権で、3年ぶりにツアー優勝を果たしたリディア・コ(ニュージーランド)だ。「私もこのトレンドに乗れるかも」などと語っていたと米メディアが報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 松山のマスターズ制覇から1週間後。米ハワイで行われたロッテ選手権で、コは通算28アンダー。2位に7打差をつける圧勝で、1084日ぶりの優勝を手にした。米専門局「ゴルフチャンネル」は「リディア・コがロッテ選手権で躍動しLPGAの勝者に返り咲き」との見出しで報じている。

 記事では「23歳の元世界ランク1位は土曜日にハワイで行われたロッテ選手権で、2018年のメディヒール選手権以来、実に1084日ぶりに優勝」と久々の快挙を伝えた。コは15歳だった12年にカナディアン女子オープンで優勝。以降、最年少で世界ランキング1位に輝くなど活躍してきた。

 しかし、最後の優勝は3年前。長らく栄光から遠ざかっていたコだが、記事では松山とジョーダン・スピースが勇気を与えたと伝えている。スピースはマスターズ前週のバレロ・テキサス・オープンで2017年以来となる優勝。そして松山はマスターズで、17年8月のブリヂストン招待以来、1344日ぶりとなる優勝を手にしていた。

「今いろんなことが頭の中を駆け巡っている」と語ったというコ。「ジョーダン・スピースとヒデキ・マツヤマが過去2週間で勝利した。彼らも長い間勝っていなかったことは知ってる。それが、『私もこのトレンドに乗れるかも』というちょっとした希望をくれた」とコメントしたと記事では伝えられている。

 コは「もしも(優勝できる)位置にいて優勝できなかった時、疑いを持ち始める。もし自分を疑うことなんてなかった、なんて言ったらウソになる。胸に手を当てて『また優勝できるかは分からない』と思ったこともあった。再び優勝できて素晴らしい気分」と久々の勝利を喜んでいた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集