[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野球IQ高い…アストロズ右腕の“頭脳的ゲッツー”に米反響「頭いい!」「わざと?」

米大リーグ・アストロズのザック・グリンキー投手の頭脳プレーが現地で話題となっている。17日(日本時間18日)のマリナーズ戦、1死一、二塁の場面でピッチャーライナーをグラブで弾いた後、フェイクを入れて1-5-6のダブルプレーに。実際の映像をMLBが公開すると、米ファンからは「IQ100000」「頭いい!」などと反響が寄せられている。

8回無失点で2勝目をあげたアストロズのザック・グリンキー【写真:AP】
8回無失点で2勝目をあげたアストロズのザック・グリンキー【写真:AP】

マリナーズ戦での咄嗟の守備が話題に

 米大リーグ・アストロズのザック・グリンキー投手の頭脳プレーが現地で話題となっている。17日(日本時間18日)のマリナーズ戦、1死一、二塁の場面でピッチャーライナーをグラブで弾いた後、フェイクを入れて1-5-6のダブルプレーに。実際の映像をMLBが公開すると、米ファンからは「IQ100000」「頭いい!」などと反響が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 好判断だ。1点リードの5回1死一、二塁の場面。グリンキーはクロフォードが放った強烈なライナーにグラブを出した。捕球したかに見えたが、ボールはグラウンドへポトリ。これを拾い上げると、一塁、二塁と送球するフェイクを入れた後、冷静に三塁へボールを送った。三塁手はベースを踏み、すぐに二塁へ。見事ダブルプレーとなり、ピンチを脱した。

 実際の映像をMLB公式インスタグラムが公開。文面には「ザック・グリンキーが1-5-6のダブルプレーの出発点に」とつづった。またMLB公式サイトの記事によると、グリンキーがボールを落としたのは意図的ではなかったとされ、打球速度などあらゆる状況を考慮し、ボールを拾い上げた後に走者を惑わすフェイクを連続で入れ、三塁へ送球したと伝えられている。

 故意落球とは判定されなかったこのプレー。動画を見た米ファンからは「間違いなく故意落球。IQ 100000」「頭いい!」「グリンキーな瞬間」「これは教えて身につくものじゃない」「わざと落としたでしょ」「IQ高いプレーだ」「エリート」「これ最高」などと反響が寄せられている。ゴールドグラブ賞6度を誇るグリンキーは、この試合8回4安打無失点。四死球なしと抜群の安定感で、2勝目(1敗)を手にしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集