[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹は「グリーンジャケットを着るに相応しい」 68歳米国人通訳が見た新王者の姿

男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)がマスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たし、通訳のボブ・ターナー氏も脚光を浴びている。“チーム松山”の一員として記念写真に収まってた姿も注目を集めていたが、米メディアでは本人のインタビューを掲載。松山について「彼は素敵な若者で、紳士。そしてグリーンジャケットを着るに相応しい」と絶賛している。

松山英樹とその後ろで微笑むターナー氏【写真:AP】
松山英樹とその後ろで微笑むターナー氏【写真:AP】

米紙がボブ・ターナー氏のインタビュー掲載

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)がマスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たし、通訳のボブ・ターナー氏も脚光を浴びている。“チーム松山”の一員として記念写真に収まってた姿も注目を集めていたが、米メディアでは本人のインタビューを掲載。松山について「彼は素敵な若者で、紳士。そしてグリーンジャケットを着るに相応しい」と絶賛している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 米ユタ州の地元紙「チャーチ・ニュース」は「ボブ・ターナーに会う マスターズのチャンピオン、ヒデキ・マツヤマのRM(リレーションシップ・マネージャー)で通訳兼マネージャー」との見出しで、ターナー氏にインタビュー記事を掲載している。

 現在68歳のターナー氏はアマ時代に松山がマスターズに挑戦した時なども担当。現在に至るまで、通訳だけでなくマネージャー業でも支えてきた。また息子のアラン氏がイチロー氏の通訳を務めていたことでも知られている。

 記事では「ターナーにとって、マツヤマがグリーンジャケットに袖を通すのを見るのは、忘れられない瞬間だった」と記し、ターナー氏が「今(その瞬間を)噛みしめています」と話していることを紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集