[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、平凡な三ゴロを内野安打に 秒速9mの快足に米記者「本当に、本当に速い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で遊撃への内野安打を放った。平凡なゴロを打たされたにも関わらず、持ち前の俊足で出塁した実際の映像を米記者がSNS上に公開。「本当に、本当に速い」などと文面に驚きをつづっている。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦の初回に内野安打を放つ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で内野安打を放った。平凡なゴロを打たされたにも関わらず、持ち前の俊足で出塁した実際の映像を米記者がSNS上に公開。「本当に、本当に速い」などと文面に驚きをつづっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 これで内野安打になってしまうのか。初回1死走者なし、大谷は1ボール2ストライクと追い込まれ、4球目の変化球を打たされてしまった。平凡なゴロだ。ショートの守備位置にいた三塁手が捕球。動きに大きな無駄もない。それでも全力疾走した大谷は、送球が一塁に到達するとほぼ同時にベースを踏んでいた。判定はセーフ。リプレー検証されるも覆らず、内野安打をつかみ取った。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者がツイッターに公開。前日放った打球速度119マイル(約192キロ)の弾丸二塁打を比較に出し、「オオタニは119マイルの打球を放つことができるし、101マイル(約164キロ)の球を投じることもできる。そしてこのように走ることもできる。ただただ信じられないほどの才能だ」と打・投・走の能力に驚きをつづった。

「ショウヘイ・オオタニは本当に、本当に速い」と別の投稿でも驚きを記した同記者。「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者も「普通のゴロを内野安打にした」とツイッターにつづり、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」の公式ツイッターは「ショウヘイ・オオタニは秒速29.5フィート(約9メートル)のスピードで内野安打にした」と数字で速さを伝えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集