[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元日本ハム投手に災難 疑惑の押し出し死球を米紙批判「肘をプレート側に出していた」

米大リーグで8日(日本時間9日)に行われたメッツ―マーリンズの試合で、疑惑の判定が注目を浴びている。同点で迎えた9回裏1死満塁の場面。ストライクゾーンに投じられたかに思われたボールで、球審が打者の肘に当たったとして死球を宣告。メッツのサヨナラ勝ちとなった実際の映像を米メディアが公開。「肘をホームプレート側に出していた」「三振を判定するジェスチャーに入っていた」などとも伝えられている。

コンフォルトの"死球"でメッツがサヨナラ勝ち【写真:Getty Images】
コンフォルトの"死球"でメッツがサヨナラ勝ち【写真:Getty Images】

メッツが疑惑の判定でサヨナラ勝ち、ファン「ジョークだよな?」

 米大リーグで8日(日本時間9日)に行われたメッツ―マーリンズの試合で、疑惑の判定が注目を浴びている。同点で迎えた9回裏1死満塁の場面。ストライクゾーンに投じられたかに思われたボールで、球審が打者の肘に当たったとして死球を宣告。メッツのサヨナラ勝ちとなった実際の映像を米メディアが公開。「肘をホームプレート側に出していた」「三振を判定するジェスチャーに入っていた」などとも伝えられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 迷ってしまったのだろうか。2-2の同点で迎えた9回裏1死満塁の場面。マーリンズの投手はかつて日本球界・ファイターズに所属していたバスだ。セットポジションから投じた一球は、メッツの打者コンフォルトの内角厳しいところへ。変化球がストライクゾーンに決まり、見逃し三振……かと思われた。

 しかし、球審は一度三振のジェスチャーをしそうになりながらも、急遽デッドボールの判定に変更。押し出しでメッツがサヨナラ勝ちとなった。マウンド上のバスは信じられなかったのか両手を広げている。スロー映像で確認すると、確かに投球は右肘をかすめているようにも見えるが、コンフォルトがボールに故意に当たりに行っているようにも見える。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが動画で公開。米ファンからは「ストライクゾーンで当たっているぞ」「ただただ酷い」「過去最悪の判定だ」「クレイジーだ」「恥ずべき行為」「ジョークだよな?」などとコメントが寄せられている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集