[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「キャリア最高の状態」 離脱1000日以上の“ガラスの天才”が復活、その秘訣は?

「キャリア最高の状態」 離脱1000日以上の“ガラスの天才”が復活、その秘訣は?

“ガラスの天才”はいかにして再生したのか。その裏には食生活の改善があった。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

アーセナルのMFジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】
アーセナルのMFジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】

アーセナルのウィルシャー、乳製品とグルテンを断ち切る食生活改善で今季怪我なし

 サッカーのイングランド1部アーセナルのMFジャック・ウィルシャーは、華麗なテクニックと創造性あふれるプレースタイルから「イングランド最高の才能」との呼び声も高かった。16歳の若さでトップチームデビューを果たしたが、その後は故障に悩まされ続け、プロキャリアにおける離脱期間は合計1000日を超えた。しかし、今季はここまで故障もなくリーグ戦11試合に出場。“ガラスの天才”はいかにして再生したのか。その裏には食生活の改善があった。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 16歳でプロデビューした少年も、元日に26歳となった。故障で全休した2011-12シーズン以降は左足脛の骨折や膝の負傷など、“傷だらけ”のキャリアを送ってきた。しかし、今季はここまで怪我もなく、昨年12月のリーグ第17節のウェストハム戦から6試合連続で先発出場。1月3日に行われた第22節のチェルシーとのロンドンダービー(2-2)では鮮やかなボレー弾を決めている。

「僕は6週間、乳製品を控え、グルテンフリーを続けている。もともと乳製品はたくさん摂らなかったけど、チームのホテルで何回か摂取した時には胃が驚いてしまってね。そこから、完全に断ち切っているんだよ」

 ウィルシャーは2011-12シーズン以降、毎年のように故障で離脱。移籍専門サイト「トランスファーマルクト」によれば、26歳の若さにして、負傷による離脱期間は実に合計1013日に上るという。記事では、ウィルシャーが小麦などの穀物に含まれるタンパク質「グルテン」と乳製品を食卓から遠ざけ、生活改善に取り組んでいることを明かしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー