[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • ロングスローが選手権で輝き放つ理由は? ”季節の恩恵“が生む起死回生の切り札

ロングスローが選手権で輝き放つ理由は? ”季節の恩恵“が生む起死回生の切り札

第96回全国高校サッカー選手権大会は5日、各地で準々決勝が行われ、上田西(長野)は3-2で明秀日立(茨城)との打ち合いを制してベスト4入りを果たした。この日、決勝点となった3得点目は上田西の”ある武器“から生まれたものだった。

ロングスローを武器とする上田西のFW田嶌遼介【写真:編集部】
ロングスローを武器とする上田西のFW田嶌遼介【写真:編集部】

上田西がロングスローから3点目を奪取…明秀日立に3-2で競り勝って初の4強進出

 第96回全国高校サッカー選手権大会は5日、各地で準々決勝が行われ、上田西(長野)は3-2で明秀日立(茨城)との打ち合いを制してベスト4入りを果たした。この日、決勝点となった3得点目は上田西の”ある武器“から生まれたものだった。

 上田西は2-1とリードして迎えた後半1分、左サイドの高い位置でスローインを獲得すると、前半38分に途中投入されていたFW田嶌遼介(3年)がボールを持ち、長い助走距離を取る。勢いよく駆け出して放り込まれたボールはグングンと飛距離を伸ばし、ボックス内で構えていたFW根本凌(3年)が頭で逸らすと、軌道を変えたところにDF田辺岳大(3年)が走り込んでネットに流し込んだ。

「監督から『ロングスローやってやれ』と言われて送り出されている。自分の武器なので、得点につなげていきたい。根本と事前に話していたプレーで、速い球を入れた。作戦通りです」

 試合後、強肩の田嶌は、決勝点を演出した場面をそう振り返った。白尾秀人監督も、ロングスローはチームの確固たる武器だと主張している。

「ロングスローというのは、相手にとってはタイミングが掴みづらいんですよね。選手は足から放たれるボールは体に染み付いているが、手から投げられるボールに対しては慣れていないことがほとんどなので」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー