[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大会SP歴代2位の高得点 “無敗男”チェンに米称賛「ほぼ間違いなく五輪代表に」

大会SP歴代2位の高得点 “無敗男”チェンに米称賛「ほぼ間違いなく五輪代表に」

フィギュアスケートの全米選手権は4日(日本時間5日)に男子ショートプログラム(SP)で行われ、ネイサン・チェンが唯一の100点超えとなる104.45点をマークし、首位に立った。大会連覇に邁進する18歳に対し、米メディアも「SPで圧倒」「ほぼ間違いなくオリンピック代表に選ばれるだろう」と称賛している。

全米選手権SPで唯一の100点超えを記録したネイサン・チェン【写真:Getty Images】
全米選手権SPで唯一の100点超えを記録したネイサン・チェン【写真:Getty Images】

全米選手権、自己ベスト上回る高得点で首位発進…米メディア「チェンがSPで圧倒」

 フィギュアスケートの全米選手権は4日(日本時間5日)に男子ショートプログラム(SP)で行われ、ネイサン・チェンが唯一の100点超えとなる104.45点をマークし、首位に立った。大会連覇に邁進する18歳に対し、米メディアも「SPで圧倒」「ほぼ間違いなくオリンピック代表に選ばれるだろう」と称賛している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 貫禄の演技で、平昌五輪行きの切符獲得に近づいた。

 16番滑走で登場したチェンは、冒頭の4回転-3回転の連続ジャンプに見事成功。最後のトリプルアクセルこそ着氷が乱れたが、スピンやステップで最高評価を得るなど、非公認ながら自己ベスト104.12点を0.33点上回るハイスコアをマーク。優勝経験者のアダム・リッポン、ジェイソン・ブラウンらを抑えてSP首位に立った。

 地元の米メディアもその圧倒的な強さを続々と報じている。

 米テレビ局「NBCスポーツ」は「ネイサン・チェンが全米選手権SPで圧倒」と見出しを打って特集。「秋は無敵であったネイサン・チェンは、全米選手権SPでも同様であった。今季世界で唯一無敗の彼は104.45ポイントを記録し、これは大会のSP史上2番目に高い記録であった」と伝えた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー