[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • GP王者チェン、貫録の100点超えで首位! リッポンが2位…全米選手権男子SP結果

GP王者チェン、貫録の100点超えで首位! リッポンが2位…全米選手権男子SP結果

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

18歳のGPファイナル覇者が104.45点…SP自己ベストを上回る高得点をマーク

 フィギュアスケートの全米選手権は4日(日本時間5日)、男子ショートプログラム(SP)で2017年大会王者の18歳、ネイサン・チェンが唯一の100点超えとなる104.45点のハイスコアを叩き出し、首位に立った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 チェンは今季、2017年9月のUSクラシックで優勝を飾ると、グランプリ(GP)シリーズ初戦のロシア大会、第6戦のスケートアメリカも制覇。同12月のGPファイナルでも宇野昌磨(トヨタ自動車)を0.50点上回り、初優勝を果たしていた。この日も、4回転トーループや4回転-3回転の連続ジャンプを成功させ、昨年11月のスケートアメリカで記録したショートプログラム自己ベストの104.12点を上回る104.45点と貫録の滑りを見せた。

 2位は96.52点で16年覇者のアダム・リッポン、3位は93.23点で15年覇者のジェイソン・ブラウンが入った。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー