[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「矛盾の多い」TKO 岩佐亮佑、無念の結末に米メディア同情「ストップが早すぎる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦が現地時間3日、ウズベキスタンの首都タシケントで行われ、IBF暫定王者・岩佐亮佑(セレス)が統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に5回TKOで敗れた。連打を浴びてレフェリーストップとなったが、ストップのタイミングについて米メディアが指摘している。

岩佐亮佑【写真:Getty Images】
岩佐亮佑【写真:Getty Images】

敵地で2団体王者に挑戦も5回TKO負け、止めるのが早いという指摘も

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界スーパーバンタム級王座統一戦が現地時間3日、ウズベキスタンの首都タシケントで行われ、IBF暫定王者・岩佐亮佑(セレス)が統一王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に5回TKOで敗れた。連打を浴びてレフェリーストップとなったが、ストップのタイミングについて米メディアが指摘している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 不完全燃焼に終わってしまったのだろうか。5回、岩佐はアフマダリエフの左ボディー、フックなどを立て続けに被弾。動きが止まり、後ろに下がった瞬間にレフェリーが割って入った。苦笑いする岩佐。敵地に乗り込んだが、無情な結末だった。

 序盤から劣勢ではあったが、試合をレポートしている米専門メディア「ボクシングシーン.com」も疑問を呈している。

「土曜のウズベキスタンで行われた試合の5回、打ち合いの最中に試合が止められたことは驚きを隠せないものとなった」と伝え、5回のTKOシーンについてこう描写している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集