[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

角田裕毅に止まぬ称賛 F1大国ドイツメディアでも注目急上昇「並のルーキーではない」

自動車のF1シリーズ開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)でアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が9位入賞を果たした。元王者らをオーバーテイクするなど見せ場を作った20歳にF1大国ドイツメディアも注目。「日本においては今や救世主」などと熱視線を浴びせている。

角田裕毅【写真:Getty Images】
角田裕毅【写真:Getty Images】

ドイツ紙が特集「一夜にしてスターになった」

 自動車のF1シリーズ開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)でアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が9位入賞を果たした。元王者らをオーバーテイクするなど見せ場を作った20歳にF1大国ドイツメディアも注目。「日本においては今や救世主」などと熱視線を浴びせている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本の黄金ルーキーにドイツも注目だ。角田はF1デビュー戦で、元王者のキミ・ライコネンやフェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテルらを抜き去った。ドイツTV局「RTL」は「日本F1界の大きな希望の星:ユウキ・ツノダ」の見出しで記事を掲載。「はるかに経験を積んだライバルたちを抜き、一騎打ちでは“並の”ルーキーではないことを見せつけた」と称賛した。

 同記事では、角田の経歴を振り返り「(F2の2020シーズン)では、シーズンファイナルで2位と1位。ミック・シューマッハとは総合得点でわずか15点差だった。当時から識者の間では、もしシーズンがあと1週間長かったなら、勢いのあったツノダが“クイック・ミック”を抜いていた可能性があるという見解で一致していた」と同国の英雄ミハエル・シューマッハ氏の息子、ミックにも劣らぬ存在だったと最大限の賛辞を送った。

 さらに、デビュー戦となったバーレーンGPについて触れ「日本においては今や救世主となり、一夜にしてスターになった」「この数年ですい星のごとく駆け上がってきたツノダだが、それはまだまだ続きそうだ」と評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集