[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦を独自採点 過去の3回転アクセルを海外識者絶賛「出来栄え点+6=完璧だ」

フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は、3月に行われた世界選手権男子シングルで3位だった。ショートプログラム(SP)で首位に立つなど、久々の国際舞台を終えた26歳について、海外識者は過去の3回転アクセルの動画を公開し「GOE(出来栄え点)+6=パーフェクト」などと絶賛している。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

かつて決めた3回転アクセルに海外ファン「史上最高」

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)は、3月に行われた世界選手権男子シングルで3位だった。ショートプログラム(SP)で首位に立つなど、久々の国際舞台を終えた26歳について、海外識者は過去の3回転アクセルの動画を公開し「GOE(出来栄え点)+6=パーフェクト」などと絶賛している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 今見ても目を奪われる。リンクに響くピアノの旋律、「バラード第1番」のメロディー。淡いブルーのグラデーションがかかった衣装をまとった羽生は、勢いをつけると思い切り跳びあがった。高さのある3回転アクセル。着氷が見事に決まると、会場は悲鳴にも似た歓声に包まれた。

 昨年2月、四大陸選手権のSPで披露した3Aの動画のようだ。19年NHK杯のジャンプ映像も合わせ、欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏が自身のツイッターに公開。「3回転アクセルの異なる入りと出。しかし共通する要素」として、GOEについて言及している。

 同氏は「GOE+6=パーフェクト」と非の打ちどころがないジャンプだと絶賛。「凄い高さと幅」「きれいな踏切と着氷」「軽やかさ」「難易度が高く、創造的な入り」「非常に良い身体の位置」「要素と音楽の一致」と6つの項目でそれぞれ「+1」の評価を与え「疑う人はいるだろうか?」と問いかけている。

 この投稿に、海外ファンからは「史上最高の3回転アクセル」「彼の3Aはとにかく美しい。完璧」などと賛同するコメントが寄せられたほか、「疑問は、ユヅの3回転アクセルがGOE+5を取れなかったということ」「ジャッジはユヅがもっとできると思ったのかな? だから低めの点数をつけた」「ISUのジャッジがそういう見方をしていないだけ。不公平」などといった意見も書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集