[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、開幕勝利を逃しても米記者驚愕 158kmツーシームが「横に46cm動いた」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、ダイヤモンドバックスとの開幕戦に先発し、5回途中8安打4失点で勝ち負けはつかなかった。内角をえぐる98マイル(約158キロ)のツーシームで見逃し三振を奪った場面の動画を、米記者が公開。米ファンからは「芸術だ」「現実じゃないような気分になる」などと反響が寄せられている。

開幕戦に先発したダルビッシュ有【写真:AP】
開幕戦に先発したダルビッシュ有【写真:AP】

パドレスの開幕投手として登板、勝ち負けはつかず

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、ダイヤモンドバックスとの開幕戦に先発し、5回途中8安打4失点で勝ち負けはつかなかった。内角をえぐる98マイル(約158キロ)のツーシームで見逃し三振を奪った場面の動画を、米記者が公開。米ファンからは「芸術だ」「現実じゃないような気分になる」などと反響が寄せられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 要求通りの1球だったようだ。3回2死二塁の場面。ダルビッシュは左打者カブレラを追い込むと、最後は内角を目掛けて腕を振った。内角ボールゾーンから鋭く変化した98マイルのツーシーム。カブレラは手が出ない。捕手カラティニも思わず両手でガッツポーズする、会心の見逃し三振だった。

 実際の映像を「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。文面で「ユウ・ダルビッシュが、横方向に18インチ(約46センチ)動く98マイルのツーシーマーを投げた。絶対的エグさ」と驚愕した様子で伝えると、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏もツイッターで「ユウ・ダルビッシュ、ゴージャスな98マイルのツーシーマー」とこの1球に注目していた。

 米ファンからは「捕手が興奮してた」「彼の投球を見ていると現実じゃないような気分になる。プレートの至るところにボールが行く」「これは芸術だ」「これは凄い」「これ以上の投球はない。驚いた」などとコメントが寄せられている。昨季はカブスにいたダルビッシュは、8勝で日本人初のMLB最多勝に。新天地パドレスで勝利投手にはなれなかったが、剛球に注目が集まっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集