[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スタンドオフ(SO)の役割とは ラグビー・ポジション解説

スタンドオフ(SO)とは、背番号10をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるハーフバックを、スクラムハーフ(SH)とともに形成します。スクラムから離れているハーフバックというのが名前の由来です。現在国際的には「フライハーフ」と呼ばれることが多く、他にも国によって「ファースト・ファイブ」などと呼ばれています。

ボーデン・バレット選手【写真:編集部】
ボーデン・バレット選手【写真:編集部】

スタンドオフ(SO)とは

 スタンドオフ(SO)とは、背番号10をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるハーフバックを、スクラムハーフ(SH)とともに形成します。スクラムから離れているハーフバックというのが名前の由来です。現在国際的には「フライハーフ」と呼ばれることが多く、他にも国によって「ファースト・ファイブ」などと呼ばれています。

スタンドオフの役割

 スクラムハーフから最初のパスを受けて、キック、パス、自ら走るなど瞬時に判断し、攻撃を指揮する役割を担う、チームの司令塔です。パスやキックの正確な技術はもちろん、ランできる俊敏性、試合をコントロールする戦術眼も求められます。

 トライ後のコンバージョンキックとペナルティゴールを務めることが多いのもスタンドオフで、チームの得点源のひとりです。

スタンドオフの特徴

 ボールに触れることが多いポジションであるため、ボールハンドリングが巧みで、司令塔として攻撃を操る状況判断力の優れた選手が多く、花形ポジションとされることもあります。ウィングやフルバックとは違い、長い距離を走るスプリント力よりも、短い距離でスピードを発揮できるクイックネスが求められるのも特徴です。

 攻撃ではパス、キック、ラン、全ての技術が求められるポジションであり、守備ではスクラムハーフ同様、自分よりも大きな相手にタックルするガッツも必要です。

日本代表のスタンドオフ

 2019年W杯の日本代表には、15年に続いて2大会連続出場となった田村優選手と、スタンドオフ兼センターとして、初出場の松田力也選手が選ばれました。

 田村選手は日本の観衆を前に、W杯で得点ランキング4位となる51点を記録。正確なキックで日本の8強進出に貢献しました。南アフリカ戦では前半に肋骨を負傷しながらも、痛み止めを服用してプレーしたことも話題を集めました。


世界のスタンドオフ

 2019年W杯の日本代表戦には出場しなかったものの、アイルランド代表でスタンドオフを務めた、ジョナサン・セクストン選手は2018年のワールドラグビー年間最優秀選手賞に輝いた名手です。大会では2トライを含む26得点を記録しました。

 2021年のトップリーグで活躍するサントリーのニュージーランド代表ボーデン・バレット選手は、ワールドラグビー年間最優秀選手賞に2度輝いた世界的スター。スコットとジョーディーとともに3兄弟で19年W杯にも出場し、史上初の「3兄弟スタメン&全員トライ」の快挙も達成しました。

 神戸製鋼でもプレーし、2021年に現役を引退したニュージーランドのスーパースター、ダン・カーターさんは「世界最高のSO」と呼ばれ、ワールドラグビー年間最優秀選手賞に3度選出されました。日本での生活を楽しむ姿も話題となりました。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集