[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

揺れて落ちる37m弾 仏1部の無回転FKに英驚愕「プスカシュ賞級」「GKは何もできない」

海外サッカー、フランス1部リーグ・アンで衝撃的な無回転FKからゴールが生まれた。現地時間21日、ロリアンの22歳FWアルマン・ロリエンテが決めた、揺れて落ちる“37メートル弾”をリーグ・アン公式ツイッターが動画で公開。英紙「デイリーメール」は「プスカシュ賞級」と称賛している。

ロリアンのFWアルマン・ロリエンテ【写真:Getty Images】
ロリアンのFWアルマン・ロリエンテ【写真:Getty Images】

ロリアンの22歳FWロリエンテのFKが話題

 海外サッカー、フランス1部リーグ・アンで衝撃的な無回転FKからゴールが生まれた。現地時間21日、ロリアンの22歳FWアルマン・ロリエンテが決めた、揺れて落ちる“37メートル弾”をリーグ・アン公式ツイッターが動画で公開。英紙「デイリーメール」は「プスカシュ賞級」と称賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 揺れて、落ちた。ナントに1点をリードされて迎えた後半42分、ロリアンはゴールまで約37メートルの位置でFKのチャンスを得た。キッカーは22歳ロリエンテ。助走から右足で蹴りこんだシュートは、無回転だ。壁を越え、ゴールを大きくオーバーしていこうかという軌道だったが、ここからが凄い。

 ボールは空気抵抗を受け、急降下。不規則な変化をしながら向かってくる球に、GKは左手を伸ばして飛びついたが届かない。ゴール右隅に突き刺さる、同点の一撃となった。実際の映像をリーグ・アン公式ツイッターが公開している。

 また、英紙「デイリーメール」は「選りすぐり! アルマン・ロリエンテがプスカシュ賞級の40ヤード(約37メートル)のFK…22歳のロリアンのFWがナント戦で史上最高のFKを決めた」との見出しで記事を掲載している。

 記事では「キーパーがラインから出て、2人が壁を作っていたため、誰もがロリエンテがクロスを上げると思っていた」と状況を説明。「しかし、ロリエンテにそのアイデアは無かった。そのままシュートを放ち、GKアルバン・ラフォンは何もできないままボールは彼の前を通過した」と伝えている。

 同氏は「2002年のW杯でロナウジーニョがイングランド戦で決めたFKを彷彿するようなゴールで、次のプスカシュ賞の候補になっただろう」とも伝えている。試合は1-1の引き分けに終わっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集