[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人がトリプルアクセルに惹かれる理由 世界3人目の成功者・中野友加里が語る魔力

スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

自身のトリプルアクセル論について語ったTHE ANSWERスペシャリスト・中野友加里さん【写真:松橋晶子】
自身のトリプルアクセル論について語ったTHE ANSWERスペシャリスト・中野友加里さん【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER スペシャリスト論」フィギュアスケート・中野友加里

 スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 今回のテーマは「トリプルアクセル論」。女子は国際スケート連盟(ISU)公認大会で12人しか成功者がいないといわれるトリプルアクセル。その3人目の成功者となったのが、中野さんだった。日本人がトリプルアクセルに惹かれる理由、そして跳べる者だけが知るトリプルアクセルの魅力について明かした。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

「フィギュアスケートといえば?」。そう聞かれたら、競技に馴染みの薄い日本人はなんと答えるだろうか。

「浅田真央」「羽生結弦」のように著名な選手の名前もあるし、「イナバウアー」のように流行語になった技の名前もあるだろう。その一つに挙げられるのは「トリプルアクセル」も同じではないか。フィギュアスケートを詳しく知らなくても、トリプルアクセルのフレーズは知っている。そんな風に認知され、定着しているもの。なぜ、日本人はこうもトリプルアクセルに惹かれるのか。

 素朴な疑問について、中野さんは一人の日本人スケーターの名前を挙げる。

「一番は伊藤みどりさんが築かれた功績じゃないでしょうか。まだマイナースポーツだった頃、フィギュアスケートはジャンプより演技、表現で魅せる競技であり、どちらかというと技術は二の次。それが当たり前の時代がありました。しかし、伊藤さんがトリプルアクセルを跳んだことで、フィギュアスケートにおいて技術の追求もこんなに素晴らしいものだと気づかせ、競技の概念を覆したのです」

 伊藤さんが女子選手として世界で初めて、競技会でトリプルアクセルを成功させた1988年11月のこと。唯一無二のジャンプを武器に翌年の世界選手権で日本人&アジア勢として初の優勝。92年アルベールビル五輪では銀メダルを獲得し、国民的アスリートとなった。

 一人のスケーターの登場前と登場後で変わったフィギュアスケート界。それだけ競技にインパクトを与えたのが日本人だったこと。そして、その要因となったのが「トリプルアクセル」というジャンプだったこと。日本人とフィギュアスケートにおいて、伊藤みどりの存在は欠かせない。

 同じ愛知出身、1985年生まれの中野さんにとって6歳で本格的にスケートを始めた頃、伊藤さんは同じ山田満知子コーチの下、間近で見ていた存在だった。

「当時の私たち選手にとって良かったのは伊藤さんが目の前でトリプルアクセルを練習し、跳んでいるのが当たり前の日常だったこと。4回転ジャンプにも練習で挑戦され、トリプルアクセルはスピードが速すぎて(失敗時に)フェンスに激突したことも見たことがあります。その姿を見ていると、『私もいつか跳べるようになるんだ』と自然と思わせられるくらい、伊藤さんの影響力は大きかったです」

 そんな偉大な伊藤さんの背中を追うようにして、1991年にISUで認定されたトーニャ・ハーディングに続いて2002年に世界で3人目のトリプルアクセル成功者となった中野さん。習得までの道のりを聞くと、興味深い思い出を明かした。

「ジャンプはアクセル以外に5種類(トウループ、サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ)ありますが、それを3回転で跳べるようになると当たり前のようにトリプルアクセルを練習していました。それは他の選手も同じ。私も『ちょっと難しいな』『私には無理だな』などと考えるまもなく、練習しました。実は当時、山田満知子先生の門下生には何人もトリプルアクセルを跳べる選手がいたんです。

 今のロシア勢の相乗効果と同じですが、周りに跳べる選手がいると、自分も跳べる、跳ばないといけないという感覚になります。私はそういう環境に恵まれていたと同時に、その環境が私を強くしてくれて、成功に導いてくれました。ただ、当時はまだ子供で大会でトリプルアクセルを跳べたらお小遣いをあげると親に言われ、そのご褒美目当てに頑張っていたということもあります(笑)」

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集