[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 3回やったら得点!? 審判も勘違いした“時計直撃弾”に騒然「カウントすべき?」

3回やったら得点!? 審判も勘違いした“時計直撃弾”に騒然「カウントすべき?」

米バスケットボールのNBAで、残り時間を示す時計にボールが当たり、そのままゴールに入る事態が発生。思わず審判も一度は得点を認めてしまった珍プレーを、米メディアが「これはカウントすべき?」とユーモアたっぷりに動画付きで紹介すると、ファンから「ボールが入りたがった」「3回やったら得点になることにしよう」と反響を呼んでいる。

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン【写真:Getty Images】
ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン【写真:Getty Images】

ファウルを受けたハーデンの手から離れたボールは、時計を直撃してゴールイン

 米バスケットボールのNBAで、残り時間を示す時計にボールが当たり、そのままゴールに入る事態が発生。思わず審判も一度は得点を認めてしまった珍プレーを、米メディアが「これはカウントすべき?」とユーモアたっぷりに動画付きで紹介すると、ファンから「ボールが入りたがった」「3回やったら得点になることにしよう」と反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 28日(日本時間29日)に行われたヒューストン・ロケッツ-ボストン・セルティックス戦の第2クォーター終了間際だった。60-38と大量リードを奪ったロケッツは、大黒柱のジェームズ・ハーデンが1対1を敢行。マッチアップした相手エースのカイリー・アービングを素早い左右の切り返しで揺さぶりながら、ゴール下へと切れ込む。

 両手でボールを持ち、シュートを狙って踏み込んだ瞬間、アービングに手を叩かれてボールは宙へ。地上3.05メートルに設置されたゴールよりも高く舞い上がり、残り時間を示すデジタル時計を直撃すると、そのまま真下のゴールへすっぽりと入った。

 ルール上はバッグボードの裏側や支柱などに当たった場合、ボールがコート外に出た扱いとなるため得点は認められない。しかし、ゴール下にいたレフェリーは時計に当たったのが見えなかったのか、アービングのファウルとともに得点も認めるコール。アービングらセルティックスの選手のアピールを受けると、サイドライン側のレフェリーに確認した上で、得点のノーカウントとフリースローに判定は訂正された。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー