[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 初の故障、離脱… 元世界1位ジョコが激動の日々で学んだ「本当に偉大な教訓」

初の故障、離脱… 元世界1位ジョコが激動の日々で学んだ「本当に偉大な教訓」

男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は6月のウィンブルドン準々決勝トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で持病の右肘痛が悪化。今季残りシーズンの欠場を余儀なくされた。2018年に復活を期すかつての絶対王者は、キャリア初の大怪我から多くを学んだという。米テレビ局「FOXスポーツ」電子版が報じている。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

故障に苦しんだ18か月間は「ローラーコースターのようだった」

 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は6月のウィンブルドン準々決勝トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で持病の右肘痛が悪化。今季残りシーズンの欠場を余儀なくされた。2018年に復活を期すかつての絶対王者は、キャリア初の大怪我から多くを学んだという。米テレビ局「FOXスポーツ」電子版が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

「この問題で1年半の間は、個人的に本当にローラーコースターのようだったんだ。人生で手術をしたこともない。ここまでの長い間、ツアーから離れる大怪我を一度もしたことがなかったんだ」

 記事によると、後半戦の欠場で世界ランクを直近10年で最低の12位まで下げることになったジョコビッチはこう語った。16年には左手首の故障に苦しんだ30歳だが、右肘の持病は18か月間も悩まされていたという。後半戦離脱に伴い、全米オープンも欠場。それは、苦渋の決断だったという。

「僕はキャリアでグランドスラムを一度も休んだことはなかった。大きな決断だった。あれ以上、プレーすることはできなかったので、他に選択肢はなかった。自分の腕も上げられないのだから、おしまいだった」

 ジョコビッチは痛みに耐え続けた結果、今季のタイトルは1月のカタール・オープンのみ。苦しいリハビリの日々にスーパースターは、あることを学んだという。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー