[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敗戦ロマゴン陣営、エストラーダと3度目対戦希望 米報道「次戦で再戦を望んでいる」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。ジャッジの採点も割れる大接戦でベルトを失ったロマゴン陣営はダイレクトリマッチを望んでいるという。米記者が伝えている。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

接戦の末に判定負け、陣営はダイレクトリマッチ希望

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。ジャッジの採点も割れる大接戦でベルトを失ったロマゴン陣営はダイレクトリマッチを望んでいるという。米記者が伝えている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 12ラウンドまで激しく打ち合った両者。軽量級屈指のチャンプが意地と意地をぶつけ合った9年ぶりの再戦はエストラーダに軍配が上がった。これで両者の対戦成績は1勝1敗となった。

 試合後は涙も流していたゴンサレスだが、陣営は次戦で3度目の対戦を望んでいるようだ。米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者は「ローマン・ゴンサレスのマネージャーのカルロス・ブランドンによると、彼らは次戦でエストラーダとの再戦を望んでいるという」とツイート。陣営の希望を伝えている。

 どちらが勝ってもおかしくないような試合だっただけにロマゴン陣営の再戦希望も当然だろうが、2本のベルトを統一したエストラーダとの対戦を希望する相手は多く、前WBC同級王者シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)や、WBO王者・井岡一翔らもかねてから統一戦を希望しているだけに3度目の対戦が実現するかは不透明な状況だ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集