[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“目突き”で無効試合 UFCでまさかの結末…決定的瞬間に米悲鳴「不運だし心が痛む」

米最大の総合格闘技「UFC」は13日(日本時間14日)、米ネバダ州ラスベガスで「UFCファイトナイト・ラスベガス21」を開催。メインイベントではウェルター級3位のレオン・エドワーズ(ジャマイカ)がベラル・ムハマッド(米国)に対する“目突き”によって試合続行不可能になり、ノーコンテスト(無効試合)となった。米メディアが目突きの決定的瞬間の画像を公開し、反響を呼んでいる。

レオン・エドワーズ(左)とベラル・ムハマッドの試合は無効となった【写真:Getty Images】
レオン・エドワーズ(左)とベラル・ムハマッドの試合は無効となった【写真:Getty Images】

2回序盤にエドワーズの指が相手の目に入り、試合続行不可能に

 米最大の総合格闘技「UFC」は13日(日本時間14日)、米ネバダ州ラスベガスで「UFCファイトナイト・ラスベガス21」を開催。メインイベントではウェルター級3位のレオン・エドワーズ(ジャマイカ)がベラル・ムハマッド(米国)に対する“目突き”によって試合続行不可能になり、ノーコンテスト(無効試合)となった。米メディアが目突きの決定的瞬間の画像を公開し、反響を呼んでいる。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 突然の決着は2ラウンドの開始直後だった。両者のパンチが交錯した瞬間、ムハマッドは突然叫びながら倒れこんでしまった。右目を押さえている。一体何が起きたのか。エドワーズの左手親指の先が右目のわずかに上に入ってしまったのだ。

 故意の目突きでは無かったようだが、ムハマッドは試合続行不可能となりノーコンテストとなった。英ラジオ局「トークスポーツ」によると、エドワーズは試合後に「第一にベラル・ムハマッドに謝罪したい。この試合まで長かった。一生懸命に準備してきた。彼の早い回復を祈っている」「流れの中で起きたことだ。あのような事故が起きていまい心を痛めている。1年半ぶりの試合だったし、動揺している」などと振り返っているという。

 米スポーツ専門局「ESPN」のMMA専門アカウントでは目突きの瞬間の画像を公開。現地ファンからは「酷い」「エゲツないな」「回復を祈る」「事故なのか?」「不運だし心が痛む」「グラブに問題がある」「大きなダメージがないと良いけど」などと様々な反響が集まっている。

 602日ぶりの試合で優勢に進めていたエドワーズ。アクシデントはつきものとはいえ、両者にとって残念な結末となってしまった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集