[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

優勝も2位も悔し涙 松田瑞生に2分41秒差の佐藤早也伽「自己ベストを出せず悔しい」

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分51秒で初優勝したが、自己ベストに4秒届かず悔し涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)は2分41秒差の同2位。レース後は涙を流し、所属先の野口英盛監督と会見に臨んだ。

佐藤早也伽と野口英盛監督【写真:森田直樹/アフロスポーツ】
佐藤早也伽と野口英盛監督【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

名古屋ウィメンズマラソン

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分51秒で初優勝したが、自己ベストに4秒届かず悔し涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)は2分41秒差の同2位。レース後は涙を流し、所属先の野口英盛監督と会見に臨んだ。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 佐藤は序盤からハイペースの松田にくらいついた。設定より5秒速い16分34秒で5キロ地点を通過。13キロには先頭集団は早くも2人だけとなった。中間点は1時間10分24秒で通過し、前回大会で大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)のタイムを上回った。しかし、22キロ付近から徐々に引き離されて2位。強烈な向かい風を受ける場面もありながら、2度目のマラソンを走り切った。

 マラソンデビューとなった昨年大会は2時間23分27秒で5位。12月の日本選手権1万メートル3位と急成長中の26歳だ。レース後は「目標を達成することができなくて悔いの残るレースでした」と涙。「(松田と)差が開いたところは、ペースが上がったり下がったりでうまく自分の走りができなかった。自己ベストを達成できずに悔しいです。風を気にしないで自分らしい走りをしようと思っていました」と振り返った。

 自身は不完全燃焼だったが、野口監督は「今回は少なからずプレッシャーとか、少しでも勝ちたいという気持ちがあった中でこういうレースができたので、私は2回目のマラソンとしては100点」と称えた。佐藤にとって東京五輪女子1万メートル代表の新谷仁美は所属先の先輩。同監督は「新谷となかなか一緒に練習する機会はないですが、身近にそういう選手がいるのは非常にいいこと。そうなりたいと思っているのかなと感じています」と刺激を受けていることを明かした。

 今度は新谷に続き、1万メートルで東京五輪代表入りを狙う方針。地力をつけ、五輪以降はマラソンで世界を目指す。佐藤は「これからマラソンで日本代表選手になれるような走りをしたいです」と決意を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集