[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

独走V松田瑞生「粘って粘って粘り切れた」 強風の悪条件、30kmで余力なしもド根性

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)が2分41秒差で2位となった。

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

名古屋ウィメンズマラソン

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、ゴール後には涙を流した。佐藤早也伽(積水化学)が2分41秒差で2位となった。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 松田は序盤からハイペースだった。先頭集団は4人だったが、13キロ付近から佐藤と一騎打ち。15キロ地点は49分52秒で通過し、フィニッシュ予想は2時間20分17秒の好ペースだった。中間点は昨年大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)を上回る1時間10分23秒。22キロ付近から佐藤を突き放し、以降は独り旅だった。

 強烈な向かい風を受けて時折苦しそうな表情を見せたが、30キロを過ぎると追い風に。終盤は歯を食いしばり、沿道からの声援を受けて走り抜いた。ゴールテープを切った瞬間は笑顔だったが、直後に涙。レース後に会見に出席し「悔しさがある中ですが、最後まで走り切れたのはよかった」と“根性”を見せたレースを振り返った。

「向かい風で前半は設定よりも速いペースだったので、そこで少しエネルギーを使っていた。30キロではあまり余力がない状態。そこからはきつかったです。30キロ以降は一人になった苦しい中でも粘って粘って粘り切れた。そこは自分で評価していいのかなと思います。負けて知る悔しさがあった。その時に支えてくれた方が多くて、励ましのメッセージがあった。私が走ることでたくさんの方に見てもらって、元気を与えたいと思っていた」

 昨年1月の大阪国際女子では、2時間21分47秒の日本歴代6位(当時)の好記録で優勝し、残り1枠だった五輪代表の最有力に躍り出た。しかし、同3月の名古屋ウィメンズで一山が松田の記録を上回って代表内定。あと一歩で五輪出場の夢が絶たれた松田は悔し涙を流していた。

 東京五輪代表は一山、前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の3選手。今大会、約1年半ぶりのフルマラソンに挑む予定だった鈴木は、左脚外側大腿二頭筋腱の炎症で欠場していた。松田は補欠の立場は変わらず、1万メートルで五輪代表を狙う選択肢もあるが「やっぱり今のところ、1万メートルよりもマラソンで世界と戦いたい気持ちが強い。またスピードや持久力を鍛え直して、今は補欠でも取り組む意思が強いです。走れるかわからないけど、五輪に出る気持ちでいて、出られなかった場合はその後も日本記録に挑戦したいです」と力を込めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集