[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マッチポイントでまさか… アンダーサーブに海外賛否「紛れもない戦術」「敬意を欠く」

支持する声も「いい選択だった」「紛れもない戦術でしょ」

【特集】失意から立ち返ったスキーの原点 楽しさと基礎の再確認で呼んだ成長 / モーグル・堀島行真選手インタビュー(GROWINGへ)

「スポーツマンシップの行いではない」
「アンダーサーブは作戦で使うべきであって、これは敬意を欠いている」
「彼はこのポイント取ったんだから、いい選択だったんだよ」
「ゼロ・リスペクト」
「良くない勝ち方」
「これは禁止すべき。集中力をそぐトリック」
「なんでアンダーサーブにみんな騒ぐのか分からない。紛れもない戦術でしょ」
「これを途中でやるのは理解できるけど、マッチポイントでやるのは失礼」

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ブブリクは昨季も度々アンダーサーブを繰り出していた。これに対してラファエル・ナダル(スペイン)は「自分にとっては議論の余地はない」と完全支持の姿勢を示し、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)も同調していた。ただ今回はリードを奪い、さらにマッチポイントの場面で繰り出した事もあり、海外ファンの間では再び賛否が分かれているようだ。

 ブブリクは現地時間10日の2回戦で敗れ、姿を消している。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集