[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、160km超&宝刀スプリットに敵将も警戒「健康ならば、タフな相手となる」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。同地区のライバル、アスレチックスの指揮官も「彼が健康な状態で投げてくるとするならば、タフな相手となる」と警戒を強めている。

大谷翔平とア軍のメルビン監督【写真:Getty Images】
大谷翔平とア軍のメルビン監督【写真:Getty Images】

圧巻の今季初登板、同地区のライバルも警戒する結果に

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦で今季初の実戦登板。1回2/3で5奪三振、3安打1失点だった。最速は100マイル(約161キロ)を計測した一方で、スプリットの切れも抜群でアウト全てを三振で奪った。同地区のライバル、アスレチックスの指揮官も「彼が健康な状態で投げてくるとするならば、タフな相手となる」と警戒を強めている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 直球の威力もあったが、宝刀スプリットも凄まじい落ち方だった。2回1死一、二塁で大谷はカンハに対してスプリットを投じた。ストライクゾーンから打者の内角へ、シュートのように切れ込むようにして急激に変化。足元に当たりそうなほど落ちるボールに、カンハのバットは空を切った。

 失点こそしたものの、全てのアウトを三振で奪う見事な投球。アスレチックスの地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」では大谷の投球を称えつつ、指揮官の談話も紹介している。

「オオタニはアスレチックス戦での最初の登板で、エンゼルスのエースのようだった」と見出しを打ち、大谷をエースのようだと高く評価。さらに「アスレチックスの監督のボブ・メルビンはオオタニと対戦することは常にアドベンチャーであると話した」と続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集