[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が暫定5位でV射程 21年もシブコ節で上機嫌「明日2kg太って帰ってくる」

女子ゴルフの今年初戦ダイキンオーキッドレディスの第2日が5日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。首位と7打差の20位で出た渋野日向子は67で回って通算6アンダー。ホールアウト時点で暫定首位の19歳・西郷真央に4打差の同5位に浮上した。

首位と4打差の5位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
首位と4打差の5位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

今年初戦ダイキンオーキッドレディス第2日、石川遼の助言が奏功

 女子ゴルフの今年初戦ダイキンオーキッドレディスの第2日が5日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われた。首位と7打差の20位で出た渋野日向子は67で回って通算6アンダー。ホールアウト時点で暫定首位の19歳・西郷真央に4打差の同5位に浮上した。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野は前半11番パー5で第3打を1メートル半につけてバーディー。13番は3パットでボギーを叩いたが、18番パー5は1メートル半のバーディーパットを沈めた。同組の笹生優花(ICTSI)と笑顔で会話しながらラウンド。後半は2、4番でバーディーを奪うと、7番から2連続で伸ばした。

 ラウンドの会見ではナイスプレーと称えられると、「ありがとうございます!」と元気いっぱい。「予選通過して良かったなと思います。昨年の開幕戦は予選落ちしたし、久々のギャラリーさんの前だった。その中でも予選通過はしたいというのがあった。それができてよかった」とコメント。さらにシブコ節を交えてこう語った。

「昨日ボギーのところでバーディーが獲れた18番。ここで獲れて気持ちよかったです。13番のボギーがあってイラっとする部分もあったので、18番で獲れて気分が楽になれました。久々にパー5で全部バーディーを獲れたので(沖縄料理を食べて)明日2キロくらい太って帰ってくると思います」

 今大会は各日1000人のギャラリーを入れる予定で、国内女子ツアーでは2019年の最終戦以来1年3か月ぶりの有観客試合。渋野は多くのギャラリーを引き連れ、バーディーで大きな拍手を浴びた。苦しいシーズンを過ごした昨年は未勝利。2019年11月以来優勝から遠ざかっている。

 100ヤード以内のショットの精度を上げるため、オフに石川遼(カシオ)の助言を受けてウェッジを4本に増やした。おかげでパー5のバーディー奪取に繋がった。「マネジメントの必要性を感じて、ウェッジを4本にした。悪くない位置。上位の争いも楽しみながらですが、いま自分のやるべきこと、目の前のことに集中してやるべきことをやりきりたい」と力を込めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集