[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

審判の笛で大混乱 VARでゴール取り消しのドタバタ劇に英BBC「FKを巡り笛での大混乱」

海外サッカー、英プレミアリーグでレフェリーのジャッジと、VARを巡るドタバタ劇が起きた。27日(日本時間28日)のウェストブロムウィッチとブライトンの一戦。ブライトンのFKの場面でキッカーがゴールネットを揺らしたが、これがゴールだと認められなかった。一体何が起きたのか。英公共放送「BBC」では「フリーキックを巡って笛での大混乱……」と伝えている。

プレミアリーグで主審の判定を巡って大混乱が起きた【写真:AP】
プレミアリーグで主審の判定を巡って大混乱が起きた【写真:AP】

ブライトンがFKでゴールネット揺らすも…

 海外サッカー、英プレミアリーグでレフェリーのジャッジと、VARを巡るドタバタ劇が起きた。27日(日本時間28日)のウェストブロムウィッチとブライトンの一戦。ブライトンのFKの場面でキッカーがゴールネットを揺らしたが、これがゴールだと認められなかった。一体何が起きたのか。英公共放送「BBC」では「フリーキックを巡って笛での大混乱……」と伝えている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 審判の笛が混乱を呼んでしまった。ブライトンのゴール正面でのFKのチャンス。キッカーのルイス・ダンクはウェストブロムが壁を作る途中で意表を突き、直接ゴールに叩き込んだ。

 喜ぶブライトンの選手たち。しかしゴールは認められなかった。当然、納得のいかない攻撃側は猛抗議。すると主審はすぐに判定を覆した。

 ここでVARが介入。主審に対して、オフサイドの可能性と、主審の2度目の笛が、ボールがゴールラインを越える前だったかどうかを確認するための、オンフィールドレビューを促した。

 最終的にはボールがゴールラインを越す前に主審の2度目の笛が吹かれていたとして、ブライトンのゴールは認められなかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集