[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1.6kgも超過したのに…常習犯の前王者が転級否定 米報道「彼は130ポンドに留まる」

ボクシングの前IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアス(米国)は13日(日本時間14日)、同級1位シャフカット・ラキモフ(ロシア)との同級タイトルマッチに臨み、判定の結果ドローだった。ディアスは前日計量で3.6ポンド(約1.6キロ)の体重超過を犯しており、王座は空位に。ルールを守れなかったディアスは「自分の命を犠牲にしてまで体重を作るつもりはない」とコメントを残していたが、転級する考えはないようだ。米メディアが伝えている。

ジョセフ・ディアス【写真:Getty Images】
ジョセフ・ディアス【写真:Getty Images】

王座剥奪のディアスに米「悲惨な週末を過ごしたが…」

 ボクシングの前IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアス(米国)は13日(日本時間14日)、同級1位シャフカット・ラキモフ(ロシア)との同級タイトルマッチに臨み、判定の結果ドローだった。ディアスは前日計量で3.6ポンド(約1.6キロ)の体重超過を犯しており、王座は空位に。ルールを守れなかったディアスは「自分の命を犠牲にしてまで体重を作るつもりはない」とコメントを残していたが、転級する考えはないようだ。米メディアが伝えている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 前日計量で3.6ポンド超過していたディアス。王座剥奪に加え、ファイトマネーの一部も罰金として没収される処分が下っていたが、リングには上がった。12ラウンド打ち合った結果はドロー。きっちりと体を作ってきたラキモフに対し、敬意を欠いていた。

 初防衛戦で、ルールすら守れなかったディアス。試合後のインタビューでは「自分の健康はより大事。それでもここにきて戦ったんだ。自分の命を犠牲にしてまで体重を作るつもりはない」などと語ったことが海外メディアに報じられていた。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「悲惨な週末を過ごしたディアスはキャリアを再構築することを模索しているようだ」と記事で伝えている。一方で「ディアスによると、彼は130ポンド(スーパーフェザー級)に留まり、別の世界タイトルを獲得したいという」と階級を変更する考えはないようだとも記載している。ディアスはフェザー級時代の2018年にも、タイトルマッチで体重超過を犯していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集