[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「江陵アイスアリーナを支配した」 平昌金から3年、五輪メディアが熱狂回顧

フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が、平昌五輪で金メダルを獲得してから17日で3年が経過した。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は快挙を振り返り、「江陵アイスアリーナを支配した」と伝えている。

平昌五輪で金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】
平昌五輪で金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】

2018年平昌五輪で金メダル獲得から3年が経過

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が、平昌五輪で金メダルを獲得してから17日で3年が経過した。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は快挙を振り返り、「江陵アイスアリーナを支配した」と伝えている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは偉業から3周年となる17日、「2018年の平昌五輪を制したユヅル・ハニュウを追体験」などと特集。「ユヅル・ハニュウが1952年のディック・バトン以来、五輪で連覇に成功した。ハニュウは歓喜の観衆からクマのプーさんの雨が降り注ぐ中、江陵アイスアリーナを支配した」と記載している。

 記事では、栄光に至るまでの怪我との戦いにも焦点を当てている。過去には体の調子が万全ではない時期もありながら「依然として数々の記録を破った」と分析。15、16年の世界選手権では連覇したハビエル・フェルナンデス(スペイン)に続いて銀メダル獲得しているが「これは彼が簡単に諦めないという象徴的な出来事となった」とこの時期について振り返っている。

 羽生は17年11月、ジャンプの練習中に負傷。右足関節外側靱帯(じんたい)損傷と診断された。治療を続けて臨んだ3か月後の平昌五輪。ショートプログラム(SP)について、記事ではこう記されている。

「彼は氷上から遠ざかることがなかったかのようだった。非の打ちどころのないサルコーとトウループの2つの4回転ジャンプを見届けたコーチのブライアン・オーサーとジスラン・ブリアンは飛び上がって喜んだ。彼の世界記録にわずか及ばない111.68点だった」

 華麗な復活劇を特集では改めて絶賛。続くフリープログラムの「SEIMEI」でも感動的な滑りを披露し、合計317.85点で見事連覇を果たした。伝説的な平昌での演技は、3年後も語り継がれている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集