[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー、“後輩”との「1万2000kmの再会」2ショットに米興奮「伝説の写真」

米大リーグのマーリンズに所属するスラッガーが、今季までチームメートだったイチロー外野手に会うために来日。自主トレ先のほっともっとフィールド神戸で再会した2ショット写真をツイッターに掲載し、「ファンタスティック」「偉大なペアだ」などと話題を呼んでいる。

マーリンズ29歳ボーアが来日、至福の2ショット写真公開でファン反響「偉大なペアだ」

 米大リーグのマーリンズに所属するスラッガーが、今季までチームメートだったイチロー外野手に会うために来日。自主トレ先のほっともっとフィールド神戸で再会した2ショット写真をツイッターに掲載し、「ファンタスティック」「偉大なペアだ」などと話題を呼んでいる。

 イチローに会いたかった。太平洋を越えて、日本にやってきたのは、ジャスティン・ボーア内野手だ。29歳のスラッガーはツイッターを更新。掲載したのは、背番号51との2ショットだった。

 ほっともっとフィールド神戸のホームベース脇で上下黒のTシャツ、短パンにバットを持って至福の笑みを浮かべるボーア。その右側には打撃グローブをつけたままのイチローが右手でピースサインでビシッと決めたクールな表情で寄り添うように立っている。

 画像には「史上最高の男と日本で打撃練習」とつづり、いかにうれしい出来事かが見て取れる。ボーアは14年にメジャーデビュー。今季は打率.289、25本塁打、83打点をマークするなど主軸として活躍し、一流の流儀で44歳でも現役を続けるイチローを慕ってきた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集