[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔がリング誌PFPで10位浮上! 2位キープ井上尚弥と日本人王者ダブル10傑入り

権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を更新。大晦日にWBO世界スーパーフライ級タイトルを防衛した井岡一翔(Ambition)が10位に入った。

井岡一翔(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】
井岡一翔(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】

最新版PFPでゴロフキンに代わり井岡がトップ10入り

 権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)を更新。大晦日にWBO世界スーパーフライ級タイトルを防衛した井岡一翔(Ambition)が10位に入った。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 井岡は日本人2人目の4階級制覇を世界最短で狙った同級1位の田中恒成(畑中)に8回TKO勝ち。2度目の防衛を達成した。試合後のリング誌の記事では「カズト・イオカがコウセイ・タナカを8回に破壊し、劇的な内容で115ポンドのWBOタイトルを防衛」との見出しで「王者(井岡)は堅守を維持し、ジャブを効果的に使ってラウンドを進めた」「イオカは素晴らしかった」などと称賛されていたが、PFPに評価が反映された格好だ。前回10位だったIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と代わっての10傑入りとなった。

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は2位で前回から変動はなかったが、権威あるリング誌が格付けした全17階級の世界最強ランクのトップ10に日本人2人が同時に名前を連ねることになった。

 リング誌の最新PFPは以下の通り(順位横のカッコ内は前回順位)。

1位(1)サウル・アルバレス(メキシコ)
2位(2)井上尚弥(日本)
3位(3)テレンス・クロフォード(米国)
4位(4)オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
5位(5)エロール・スペンスJr.(米国)
6位(6)テオフィモ・ロペス(米国)
7位(7)ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
8位(8)ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9位(9)ジョシュ・テイラー(英国)
10位(-)井岡一翔(日本)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集