[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳ガルシアは「将来有望だ」 悶絶KO負けキャンベルは脱帽、称え合う3ショット投稿

ボクシングのWBC世界ライト級暫定王座決定戦が2日(日本時間3日)、米カリフォルニア州で行われ、注目のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)がルーク・キャンベル(英国)に7回KO勝ち。デビューからの連勝を21(18KO)に伸ばした。ボディーショットで悶絶したキャンベルは試合後に「ガルシアは将来も有望だ」と脱帽している。

2回にはダウンを奪ったものの、ガルシアに敗れたキャンベル【写真:Getty Images】
2回にはダウンを奪ったものの、ガルシアに敗れたキャンベル【写真:Getty Images】

ダウン奪いながらもKO負け「失望している」もガルシアを称賛

 ボクシングのWBC世界ライト級暫定王座決定戦が2日(日本時間3日)、米カリフォルニア州で行われ、注目のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)がルーク・キャンベル(英国)に7回KO勝ち。デビューからの連勝を21(18KO)に伸ばした。ボディーショットで悶絶したキャンベルは試合後に「ガルシアは将来も有望だ」と脱帽している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 タレント揃いのライト級戦線がさらに活性化しそうだ。22歳のガルシアが難敵キャンベルを仕留めたのは7ラウンドだ。1分半過ぎ、リング中央で対峙した2人。そしてガルシアは一撃で決めた。踏み込んでモーションに入ったガルシア。キャンベルはガードを上げたが、狙いはボディーだった。左の鋭い一撃を右わき腹に突き刺すと、英国のファイターはこらえきれなかった。

 膝をついてダウン。そして両手をキャンバスについて苦しがった。キャンベルは立つことができない。10カウントが響くと、その瞬間ガルシアは飛び上がってガッツポーズ。新星がその実力を鮮烈に見せつけた。

 敗れたキャンベルは試合後にツイッターを更新。ガルシアと同門のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)を中央にガルシアを含めた健闘をたたえ合う3ショットを投稿し、さらにこうつづっている。

「正直に言うと、失望している。みんなのために本当に勝ちたかった。申し訳ない。試合を楽しんでくれたことを願っているよ。ライアン・ガルシアには脱帽。良くやったし、将来も有望だ。彼の幸運を祈っているよ」

 ガルシアの強さに素直に脱帽。ロンドン五輪の金メダリストは22歳の将来に太鼓判を押していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集