[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

矢板中央が4年連続8強入り 3戦連続のPK戦勝利、2年生GK藤井の連日好守で東福岡撃破

第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が東福岡(福岡)に勝利。0-0で迎えたPK戦で3-1とし、4年連続の8強入りを果たした。

矢板中央はPK戦をものにし、4年連続の8強入りを果たした【写真:河合拓】
矢板中央はPK戦をものにし、4年連続の8強入りを果たした【写真:河合拓】

第99回全国高校サッカー選手権3回戦

 第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が東福岡(福岡)に勝利。0-0で迎えたPK戦で3-1とし、4年連続の8強入りを果たした。

 選手権3度の優勝を誇る東福岡と前回大会で4強入りの矢板中央。ハイレベルな両校の戦いは前半、互いに好機を活かせず0-0で折り返す。後半、東福岡はU-17日本代表のMF青木俊輔(3年)らを軸に打開を図る。矢板中央もロングスローなどでゴール前にボールを入れ、得点チャンスを伺った。

 後半23分過ぎ、東福岡は青木がペナルティエリア外から狙うもボールは枠の外へ。31分にはゴール前で畳みかけるようにシュートを放つも、矢板中央の2年生GK藤井陽登がゴールを割らせなかった。

 試合は両軍無得点のままPK戦に突入。矢板中央は相手の2人目のシュートを、前回大会で1年生ながら優秀選手に輝いた藤井がシャットアウト。一方の東福岡も、後半終了間際に代わって入ったGK神田翔太朗(3年)が3人目を止めた。東福岡は3人目、4人目がシュートを枠外に外し、勝負あり。矢板中央が県大会決勝、2日の徳島市立(徳島)との2回戦に続き、3試合連続でPK戦をものにした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集